上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20150629132828578.jpg


晴れました。
良かった、晴れた日に送りたかったんだ。


マックス亡くした日は眠れませんでした。
ずっとマックスを見ていたけど
あっという間に朝がきて、また次の日が過ぎ
見送る日まで時間だけがどんどん過ぎて
自分だけが上滑りしているような


ちゃんとしないと、ちゃんと用意しないと
と、そればっかり思ってました。


20150629143813df8.jpg


マックスの狼爪
伸びてくると自分で噛んで折ってたんだけど
寝たきりになっても前脚は動かせたので
多分、やってたんだろうなぁ


ちょっと前に見つけて取っておいた。


マックスがくれたことにしよう(笑)


20150629132828c09.jpg


マックスの左腕に私のウォーターブレスを。
これは私が毎日してたもの。
マックスに持ってってもらった。


無くすなよ〜
交換だ。
また会うときまで、私が見つけるために。


いつもの散歩道を1周して霊園へ。
炉の中に消える姿を見た時は
もう泣き崩れました。


息子はジンと留守番していたのだけど
それ同じような頃にジンが
マックスが寝ていた場所の匂いを嗅ぎ
座って遠吠えを1回したそうです。


たまたまかもしれないけど
この際だからジンなりの別れだったことにしよう(笑)


2015062913283325e.jpg


泣いて泣いて泣き腫らしたけれど
この日の夕焼けを見たらすっきりした。
友人が、先に行ってたみんなが迎えに来てくれたんだと
言ってくれました。


2015062913291627f.jpg


たくさんのお花を送ってくれる友人たち
マックスが繋いでくれた縁
マックスありがとう。


心配すんなマックス、母ちゃんは大丈夫だ。
まだしばらくは寂しいけども、大丈夫。
あんまり泣いてると、10ヶ月もかけて別れの時間作っただろ
って、おめぇに言われそうだしね(笑)


ふと左腕を触ってブレスがなくて
『あ、マックスが持ってるんだ』
って1人で嬉しくなってたり


それからマックスの為に育ててたゴーヤ
間に合わずに食べてもらえなかったけど
母ちゃんが変わりに食べるからな!

マックス、マックス、マックス!!!


またな、マックス!


スポンサーサイト
マックスが旅立ちました。
2015年6月25日午後8時31分。


このところずっと安定していて
のんびりまったり過ごしてました。


20150629132832125.jpg


2日くらい前から、寝てるかと思うと
ベッドのへりに顎を乗せ、じ〜っと見てるマックスがいて
その度にマックス〜と呼んでは寄って行ったり
ご飯の支度の最中だったら手を振ったりしてて


そんな風に、あちこちをじ〜っと見てるマックスをみて
ああ、もしかしたらそろそろなんだろうかと
まさかとは思うけど、もしそうだったら
これを見逃して後悔はしたくないと思って
一生懸命マックスの視線を受け止めて
話かけて匂い嗅いだり、抱き締めたりしてました。


亡くなった日の朝、吐いたあとがあったので
ご飯は食べないかと思いきや
食欲無さそうではあったけど完食
旦那からは毎朝恒例のパンの耳をもらい
待ってたかのようにガツガツ食べ
水も飲んで、おしっこもウンチも完了


いつもと違ったのは、胃なのか腸なのか
ギュルギュルが鳴り止まない
ご飯を食べても鳴り止まず
でも、マックスはそのまま寝てしまって
しばらくするとギュルギュルも鳴り止みました。


夕方、水が欲しそうだったので水を飲ました。
しばらくすると吐き気がするようなので
顎をヘリに乗せ、シートを広げていたら
嘔吐。


数回嘔吐し、飲んだ水分は出たけど
吐き気が治らないようで
これが夕方6時半ころだったかな。


ここからはあっと言う間でした。


娘からの帰ると言う連絡がきて
嘔吐受けながら舌が青くなっているのをみて
早く帰るように伝えました。


少し落ち着いたのでゆっくり寝かせて
この間に自分たちが食事を。
娘が帰宅したので食事を温めなおし
娘が食べ始めたのでマックスの側に行きました。


この間、マックスは元気はなく、ぐったりしてるものの
こちらを見ようと体をひねったりしてました。


床擦れ予防の体の反転をさせようと
向きを変えました。
マックスはしっかり私を見てたし
そんなマックスの頰を撫でてました。


しばらくすると、はぁはぁと息が荒くて
明らかにおかしくて
マックスを抱いてドッグベッドから出し
床に寝かせ体をすこし起こしたり
少しでも楽な姿勢を見つけようとしてみたけど
あ、最期だとわかったのでそのままに。


ひたすら体をさすり
『ここにいるよ、ママいるよ』って言い続けてました。
何回言い続けたかわからないけど
マックスの目が見開いているものの
もうどこも見ていなくて
ああ、逝ってしまう、本当に逝ってしまうんだと


寝たきりになってからほとんど動かすことのなかった尻尾を
2回タンタンと振って
呼吸が止まり、最期鼓動の感触残して
逝ってしまいました。


201506291328308d4.jpg



泣きながら娘が撮ってくれました。
そんな横で寝ているジン(笑)


12歳9ヶ月
寝たきりになってほぼ10ヶ月


不自由な体なのに、しっかり別れの時間を作ってくれて
本当にありがとう。
誰よりも側にいて寄り添ってくれ
理解してくれた
マックスは私の半身でした。



マックスが元気な時は
私について回るのはマックスでした。


一応、群れのボスと思ってくれてたのか?


起きるまで枕もとで待っていて
時には催促すれど、ひたすら待ち
トイレ、洗面、風呂、全てに付き従い


洗濯干しに2階に上がれば
落とした靴下なんぞを拾って
2階に上がってきては終わるまで待つ。


買い物に出かければ、戻ってくるまで
玄関で待つ。


ジンはと言うと
そんな光景を離れたとこで寝そべって見てる感じ。
マックスが何かに反応すると飛んでくるくらいで
吠えることもなく……


寝る時は必ずマックスに寄り添って寝てました。


でもマックスが動けなくなってからは
マックスの寝ているトレイに
寄り添って寝てました。


20150602153511335.jpg


が、少しづつ自立を始めた気がします。


最近の定位置はここ。


2015060215211490e.jpg


ジンなりに模索してるのか(笑)


そして更に最近はまた変化が


私のご飯中


20150602152109aaf.jpg


トイレ待ち


20150602152111760.jpg


洗濯干し待ち
シニアですのでね階段禁止令出してます


20150602152107f5a.jpg


買い物帰るの待ってました


201506021521115a9.jpg


そして風呂待ち


20150602152126c93.jpg



マックスのやっていたことを
そのままジンがやるようになりました。


確実に代替わりしたね。


私の横には常にマックスがいたわけで
その場所にジンがいるようになり
それが自然に変わっていって
でもこうなるまでに9ヶ月かかったわけで。


あまりに自然に変わり過ぎて、マックスが動いていた時を
思い出そうとしないと思い出せないくらいで
思い出しては寂しくなったりしていて
ジンはどう受け止めてるんだろなと
ふと思うこの頃。


そんな私とジンを、今度はまっくすが
寝そべりながら眺めてます。


いつまで眺めててくれてるかは分からないけど
マックス、一応ジンはジンなりに頑張ってるぞ(笑)


だからダメだなぁってところはカツ入れてやってくれい。
ジンにね、私にじゃないよ。



マックスが寝たきりになって
9ヶ月になりました。


動けなくなったものの庭に出られるまでに回復し
そのまま維持出来るかと思いきや
時期に寝たきりになってしまいました。


あれから9ヶ月。
その間、何度となく山を越えて
今は安定してます。


1562-1


4月になったばかりの日に
足が腫れ、熱も出てぐったりしたまま
ご飯も食べず、水だけ飲んで
その水もだんだん飲まなくなり
いよいよダメかと覚悟しました。



7ヶ月めころまでは何とか出来ずに保っていたのに
とうとう床擦れが出来てしまい
治ってきていると思っていたら
どうやら表面だけで、皮膚の下は空洞のように。


そこが一気に崩れ、大きく穴が空いて
肉も見え、血と分泌物が混じった液体が
シートを変えても変えても足りないくらい
止まらずに、いわゆる感染症だったと思います。


考えられること全てやりました。
もしこのまま逝ってしまうなら
ちゃんと送ろうと思ってました。


ここまでよく頑張った
マックスが居たいだけいればいいし
逝きたいなら逝きなさい
私は大丈夫、マックスの好きにしなさい


と、声を掛け続けた3日後
ご飯を食べ出し、水はガブ飲み
乗り越えたらしい山を。


いやはや、よくぞまぁ持ちこたえてくれたな
ダメかと覚悟なんかしちゃった私を
許しておくれ(笑)


それから2ヶ月。
3つあった床擦れのうち
1番ひどい床擦れ以外は完治。。

肩の床擦れ跡


2015060215065174f.jpg


左腰の床擦れ跡


1562


もうすぐ毛も生え揃うかなと。


残りの1つも治ってきています。
もう少しで塞がるかな。


綺麗な体で送り出したいからね
母ちゃんがんばるよ。


だからマックスも今しばらくは居ておくれね。


夜となく昼となく、常にいつもアドバイスしてくれて
指導してくれたみきどん、ありがとう。


心配して電話をくれた訓練士さん。
勇気づけられました。


熱い熱いエールを送ってくれたみんな!
まだまだ頑張ります!

この2週間、ほとんど寝るか
起きてても目が開いてるだけで無表情だったのが
痛みが引いたのか、笑顔で『ハッハッ』と
しゃもじのような舌を出して尻尾を振るようになった。



そうだそうだ、それでこそマックス。



そうしたら俄然動きだし、立とうとし、でも力が入らず立てず。
また立とうとしては、立てないの繰り返し。



やっぱり右後脚の動きが鈍いものの
動かないわけではなさそう。



立てないジレンマからか、腹ばいのまま、前後の脚を動かして
『カシャカシャカシャカシャ』
って凄まじい音と動きで近付いてくるマックス
笑顔だし・・・・



20141016(1).jpg




ちょっと怖いよ。
いや、喜ぶべきところなんだけど、ひっってなりました、はい。
ちょっとだけね、ちょっとだけ。
そんな移動、人生初めて見たよ。



褒めたもんだから、大喜びで次のターゲットに
カシャカシャカシャカシャ~~~!っと進むマックス
むむ~褒めちゃいかんかったか?
でもなぁ、つい嬉しさのあまり



とりあえず、抱き上げに行ってカーペットの上に戻すものの
そんなに立つ気があるなら立たせてみるかと
抱き上げて立たせてみた。



そしたら、動けないけど立ってはいられる!
よぉし!よし!!



20141016(2).jpg

(↑外に出ると動きたい刺激になるかと
抱っこして出し、あえて外で立たせてご飯と水を)



腰が支えていられるならば、筋トレだ!
おめぇの筋肉全てお見通し!
負担なく筋肉つけるぞ。


ショーの時にひたすら筋肉つけるべく
いろんな遊びと称して運動したもんね。
どうにでも組み合わせて筋肉で腰を補強しちゃる!


まずはゆっくりゆっくり、1歩から始めるぞ!


 +  OLD >

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。