上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のカメラが壊れたので、大して写真が
撮れなかったのだけど
今回、Kが自分のカメラ持ってってたから
織り交ぜて、番外編です。



bangai.jpg





このシルエットは誰でしょう(笑)





bangai (1)





この矢印から後ろは親ばか組の行列。
まだ後ろに続いてます。




bangai (2)





1人で寝そべろうとしているジン。





bangai (3)





ポケットと言うポケットの中を
お賽銭を探すしんちゃん。
アンリは付き添い(笑)




bangai (5)





ゲンとK。





bangai (12)





たそがれる男、タク。





bangai (6)






母ちゃんの出て行った方向を
じっと見つめて待つ小雛。




同じ血、同じDNAが流れてるはずなのに
マジ達には、こんな可愛いとこないぞ?





bangai (7)





ともこさんに
『白い悪魔』』と呼ばれていたまめ(笑)




bangai (9)





いい席だね~六花~♪
ごめんね、ブレてしまって。




bangai (10)





ともこさんにサングラスを貸してもらった
しんちゃん。
ぶれちゃったらしく
はっきりしない画像だけど
どうしても載せたかった(笑)





bangai (11)





ゲンのサイズにジャストな
バスのシート!



たった1日、日帰りだけの参加だけなのに
番外編の写真だけでも、こんなに楽しい!




ああ、泊まりたかった!!
次は泊まるぞー!




スポンサーサイト
旅行 / 14:39 / CM[4]



連休でひるがのに行くからおいで~




と声を掛けてもらって
慌てて家族の予定を見比べた。




幸い、Kは秋休みに入るし
Dは部活休めばいいしで
行ける!!!!!
行こう!!!!!



久しぶりにみんなに会える!




その矢先、たむさんから連絡が。
たむさんは連休で鳥羽、賢島に行くから
会えないかとのお誘い。




なんて嬉しい!
会いたい人達に、一度に会えるなんて。




そして行ってきました、ひるがの!




ひるがのに向かう途中、一旦、郡上で降りた。
郡上で泊まってるたむさんに会いに。




11-9-24.jpg




たむさんと、ここちゃん!
岡ちゃん、初めまして!



人見知りしないここちゃん、久々の幼児~
もうね、孫を抱っこする婆って
こんな気分なんだろうな
とか思っちゃったもんね(笑)



会えた~~ずっと会いたかったから
この再会は本当に嬉しかった。
よく来てくれたね、たむさん、ありがとう。




たむさんの横には必ずシェルがいた姿を
今までずっと見てきたから
会えた瞬間、シェルの大っきな耳が見えないのに
ちょっと涙が滲んでしまった。
でも、ここちゃんの笑顔で持ち直したよ。



きっとシェルも一緒に車に乗ってるはずだもんね。
シェルもマジ達に会いに来てくれてありがとう。




マジ達も撫でてもらって喜んでたけど
ジンだけは、なぜかここちゃんの
お尻の匂いに釘付けで(笑)



どんだけ挨拶してんねん!
と思ったら、ここちゃん大量のう○ちしてた模様(笑)
それでもグズらないって、なんて男前なんだ(爆)



久々の再会もつかの間、それぞれ次の目的地に向かうので
またの再会を約束して、ここでお別れ。
たむさん、ここちゃん、岡ちゃん!
またすぐ会おうね!



再び高速に乗って、ひるがのへ。



迷うかなと思ったけど、ズマホが大活躍で
迷わず宿泊棟に着きました。



聞いてたものの、着いて笑った!




11-9-24 (1)




バスあるよ~~~~(爆)
いやもう、最高だね(笑)



十母、ひろまま、ゆみさん、キングママ
やまのりさん、ともこさん!
みんなに会うのも何年ぶりだろう?
みんな変わってないし、なんかホっとするし(笑)



ああ、忘れちゃならねぇ、父ちゃん達も~!
既に酔っぱらいだらけだったし(笑)



なんて思ってたら『白川郷に行くぞ』と言う。
え?今から?行けるもんなの??



聞けば1時間くらいで行けるらしい。



白川郷なんて、あたし初めて行きますが?
初白川郷ですよ。
白川郷なんて、もっと、こう、行く準備とか
泊まりで行くもんだと思ってたし
それがね、近所のうどん屋に行く感じで



『昼食いに行くぞ!』



ですよ?白川郷に(爆)


え?え?とか思ってるうちに
みんな続々とバスに乗り込んでるし
酒の用意も運んでるしね
もう爆笑しまくり(笑)



犬達も慣れたもんで、ささっと乗っちゃうし
じゃ、ウチ等も乗るか・・
と思ったけど、乗れるような乗れないような
どうなんだろう?って言う密度で



まぁ、いいや、車で追いかけよう。
十母と一緒にデリカで追いかける事に。
お陰で十母とは、色々話せて、でもまだ足りないけどね(笑)




11-9-24 (4)




バスの中はこんな。
相変わらず親とは別行動のK&D。
KとDはバスにさっさと乗り込んでました。



Dなんて、この2日ほど前から
声が枯れ始め、どうやら変声期に
突入したらしい。



そしてこの日、確実に大人の階段を
登ったようだ(笑)



11-9-24 (5)




バスの運転手はやねまっちゃん。
いい人だ~~~!
白川郷でも、色々説明してくれた。


やねまっちゃんの、ねじりハチマキ
どこからでも目立つから、あそこにいる!
って分かりやすくて助かった(笑)



11-9-24 (6)




白川郷をバスがゆく~~~(笑)
個人の車だと誰が思おう(爆)



それが証拠に、駐車場入口で
やませみ号だけ観光バスとして
優先して案内されて、待ちナシ!



かたやこっちは普通車だから
並びつつも、あれとツレなんだけど~
と交渉しても止められたまま。



納得いかーーーん(爆)



しかも、だ!
止められてるのを見て
『止められてる~~~がははは~』
って爆笑だったらしいし(爆)



ようやく車を止めて合流したら
『先生、バス買わないかんわ』って(笑)



しょうがない、買うか、バス。




moblog_2d88a6b1.jpg




高台からの白川郷。
ここへ来て、あんなに行きたかった白川郷に
今来てるんだって実感が。



11-9-24 (7)




これはKが撮った写真。
なぜか反対向きに立ってる人が。
景色は向こうですよ?




11-9-24 (8)




ああ、やっぱりそれかい~(爆)
だからこっち向いて狙ってたんだな~(笑)



キングパパも、なんでかわかんないけど、ずっと
『しらかわ・・・ごう。しらかわ・・・GO
郷ひろみの・・郷。しらかわ・・・ごう』
って言ってましたよね(爆)



11-9-24 (10)



郷に入る手前で。
マジ達も久しぶりの遠出だ。



11-9-24 (19)



11-9-24 (16)



11-9-24 (15)



11-9-24 (12)



11-9-24 (13)



11-9-24 (11)



暑かったから犬たちは水に浸かったり
木陰で休んだりしながら
ラブ8頭&まめ、が動くわけで
その度に、観光客の注目の的に(笑)


中には嫌がってた方もおられたので
申し訳なかったですが
でも、おやつくれたり、写真撮らせてと
言ってくれたり
撫でて下さる方々には有難い気持ちでいっぱいでした。


11-9-24 (20)



いよいよ本来の目的のお昼です。
いやいや、ほんと美味しかった!!
あたしは一気に食べちゃって
もう1枚いけたと思う。


と、このあたりからカメラの調子がおかしくなって
結局、壊れた。


この日、車の後部ゲートが閉まらなくなるし
防犯ブザーが鳴り出すし、で、
最後はカメラでしょ。
どうしたんだ?


それはさておき。



初白川郷に、思いがけず行ける事になって
それが、めちゃめちゃ楽しい思い出となって
これは絶対、一生忘れられませんね。
みんな、ありがと~~~!



今回は、ゆっくり話す事は出来なかったけど(笑)
また次回を楽しみにしてまーす!!
どこまでも行くぞ~!



がんちゃん、十兵衛、める、びーぼ。
一緒に走ってたかい?
一緒に水浴びしてたかい?
一緒に笑ってたのならいいな~。



旅行 / 13:23 / CM[11]



今週末は、KもDも居ないので
時間に追われる事のない週末。
これってどれだけぶりだ?



大抵、どっちかの何か用事があって
朝からめまぐるしく過ぎてくのが普通だったから
なんだか、ちょっと、どうしていいやら(笑)



まぁどっか行くかと、最初は京都が浮かんだ。



でも、出るのが遅くなったから
ならば、お伊勢さん!と思ったら
高速が渋滞模様。




渋滞したくないし、近場か、近場ね・・・



常滑のやきもの散歩道は行った事ないから
そこへ行こう!!!!




11-5-14.jpg





そびえる煙突。
常滑焼きの窯の煙突。




11-5-14 (1)





登り窯を見上げてみる。




11-5-14 (2)





釜の中。




11-5-14 (3)





日本最大級の登り窯、10本も煙突が並んでます。




この散歩道の一角で
20世紀少年のロケが行われたらしい。
写真が貼ってありました。




途中『たんぽぽ』さんでお昼を食べました。
が、画像なし(笑)
やってもうた。



ここのおばちゃんが面白かったんだよね。
別のお客さんが、蕎麦を注文したら
『あ~時間がかかっちゃうね~』
と言う。



あ、あらそうなの、じゃ、そうめん
そうめんなら茹でるの早いし
とばかりに、そうめんを注文したら
『あ~時間かかっちゃうね~』
と言う(笑)



じゃ、何が早いの?と聞いたら
結局の所、日替ランチのみなんだな(爆)
それか、カレーなら早いよ、カレーも美味しいよって。
そのお客さん、結局、カレーうどんにしてた(笑)



メニュー持ってくる割に意味ないやん(笑)



そんなこんなおもしろいランチだったけど
画像がないと話にならんので
挽回すべく・・・・・・



歩き疲れたあたりでお茶に入ったのが
『侘助』と言う店。



11-5-14 (5)





ノスタルジックで落ち着くし。
店内、ジャズが流れておりました。



11-5-14 (6)





私は、おしるこに抹茶が入ってる
も・・・・も・・・も、なんだっけ?
もがつくメニューでした(笑)




て思ってたら母からメールが。
『おうすぜんざい』
と言うのでは?・・・・・と。




ああ、そうだ、そんな名前だった!
全然『も』入ってないし(笑)




11-5-14 (7)




旦那が梅ジュースと、こってりカレーうどん。
昼食べたのに、腹が減ったらしい。
カレーうどん、しかもこってり、なのに
白いTシャツだし・・・・・



きっちり上着着てから食べて頂きました。
絶対はねるって!絶対!!




11-5-14 (4)





更に歩いて、歩いて、行程は1時間と書いてあったけど
店を見て回ったし、道に迷ったしで
すでに3時間歩いてた(汗)



もう1つ行きたいとこあったけど
また今度。
次はK&D連れて来ないと怒られる。



家に帰ってご飯作りたくないし
そのまま師崎方面まで走って
でっかいエビフライ食べて来ました。



11-5-14 (9)





たまに食べたくなるんだよね。
でかいエビフライが。




11-5-14 (8)





走り抜けながら撮ったから斜めだけど(笑)
久々に海!!!
あ~~泳ぎたい、潜りたい、浸かりたい。




犬たちも連れてきてやろう。





旅行 / 21:00 / CM[0]



ウチから10分くらいの所に
清洲城があります。



が、行った事なかった(笑)



清洲城のすぐ近くに、子供達の行ってる
塾の校舎があるもんだから
毎週、何回かは通るし



五条川沿いに桜並木が見事で
塾への送迎で、夜桜見物は
毎春していたんだけど。



大河ドラマが始まって
ゆかりの地との事で
この清洲城に『ドラマ館』がオープンした。




じゃ、1回行ってみるかと
行ってきました。




11-3-29 (2)





清洲城です。
平成元年に、再建されたので
めっちゃ新しいです(笑)



正直、京都の前に見に来れば良かった・・




11-3-29 (3)





天守閣からの眺めです。
五条川にかかる、紅い大手橋を渡った対岸に
以前は清洲城があったそうです。



今は、そこに、城跡の石碑と信長像があります。



城内は、撮影禁止じゃないんだけど
ぶっちゃけ撮影する物がない(笑)



家康の兜のレプリカとか
秀吉の兜のレプリカとか
どちらかと言うと秀吉関係の
物が多かった。



でも、私は秀吉は嫌いなので却下(笑)



ドラマでは3姉妹だけのようになってますが
長男、万福丸もいて、でも浅井長政が敗れた時
まだ10歳だった長男は
秀吉によって惨殺されてます。
まぁ信長の命ではあったんだけど。




この時の惨殺が、あまりにむごいので、ドラマでは
触れてないのかも。



天下を取った名武将ではあるんだけど
なぜ嫌いかを語り出したら止まらないので
次行きます!




城内、くまなく見て回ったあとは
早々にKと、ドラマ館へ行ってみました。



こちらは展示物など、全部、撮影禁止!
フラッシュどころか、とにかく禁止!
城内はOKなのに(笑)



なぜかと言うと、トヨエツや
上野樹里、岸谷五郎、鈴木保奈美
そして北大路欣也が
実際に着た衣装、小道具が
展示してあるからです!



こちらは面白かったです。
あの場面の着物だ!
とか、あの時の手紙だ!
とドラマの場面を思い返して
堪能してきました。



最後に『天下布武』のハンコも
押してきました(笑)



見終わった所で、小腹も空いたので
清洲城近くの天むす屋さんに。



11-3-29 (1)




結構、有名だと思うんだけどな。




11-3-29.jpg




見た目より大きい、ぷりぷりのエビが
大きすぎず、小さすぎない
おにぎりの中に入ってます。



清洲城の公園で食べるつもりが
花粉が凄くて止めました・・



で、家への帰り道。



11-3-28(33).jpg





原付バイクを見て気がついた。




私の地元、名古屋市内でも
今住んでる、あま市内でも
原付って、こうやって信号待ちしてます。



が、京都は凄かったのだ!



車が、走っていようが止まっていようが
隙あらば、車の脇やら間を
走り抜ける抜ける!



中央分離帯のない道路では
交差点じゃなくても、好きな所で
Uターンしてくし(爆)



いや、もうビックリしたし
なんちゅうパワーなんだろ!
原付の元気さに脱帽!!



土地によって、やっぱり道路事情も
違うんだなと。
そのせいか、何回、クラクション鳴らされたか(笑)



左折しようと思ったら、前の信号赤で
先頭で止まっていたら、そらもう
後ろから、クラクションの嵐(爆)



え?いいの?ここ、行っていいとこなの?
って恐る恐る出てみたり・・・



また京都行くから、その辺も
勉強しないといかんな。





旅行 / 21:00 / CM[0]



先日、携帯からアップしたら
写真のサイズ変換がうまく行かず
ブログのバランスが崩れちゃったので
再度、PCからアップです。



子供たちのPCは、画像加工とか
縮小加工ソフトが無いから
超不便・・・・・
結局、環境整えるのに手間取った。



さてでは京都編どす。



Kと京都行きたいね行きたいねと
言っていた最中、突然の母からの誘いもあ
急に思い立ち、京都へ行ってきました。



途中の高速で、東北に向かっているであろう
警察車両の一団とスレ違いました。



被災者の方々、現場で尽力している方々を思うと
今、こうして京都に向かう事すら
申し訳なく思ってしまうのですが



自粛の気持ちは忘れず、でも
元気な日本の西側が
今まで以上に元気に動きまわって



海外からの観光客にも
大丈夫なんだとアピールして
被災地の人の復興に少しでも役立つよう
経済を活性化させる事に繋げなきゃと
思うのだけど。



何も出来ない無力さの言い訳かも
しれないですし
自粛の中、京都へ向かう後ろめたさの
言い訳にすぎませんが。



何はともあれ、とにもかくにも
元気に行って参りました!



まずは、ず~とず~っと行きたい
と思っていた、壬生寺に。



11-3-28(34).jpg




新撰組の屯所の隣にあるお寺。



11-3-28.jpg




この境内で、沖田総司が
子供たちと遊んでいたとか。



11-3-28 (1)




この先には壬生塚があります。




11-3-28 (2)




近藤勇像と共に、芹沢鴨他
隊士たちの合祀墓があります。
手を合わせて参りました。



そして当時、屯所にしていた八木邸に。



11-3-28 (4)





八木邸入口。



11-3-28 (3)





後ろが八木邸。




芹沢鴨が暗殺された部屋で
新撰組についての説明を聞かせてくれます。



まさに、ここで、近藤、土方、沖田、原田等が
芹沢を暗殺した場所なんだと思うと
なんて言うか、思わず感涙。



確実に生きていた人達のその場に
時代を超えて、その同じ場所に
居る事の感動と言いますか
刀傷を見ては、水を汲んだであろう井戸を見ては
何を見ても、ただただ、彼らを偲んで
浸っておりました。



11-3-28 (5)




こちらも、屯所としていた前川邸。
八木邸前にあります。



山南さんが切腹した場所です。
その部屋も現存だそうですが
こちらは見学不可で、表からだけ
眺めてきました。



もうね、今日の目的はここが全てと言っても
決して過言ではない位だったので
ここにずっと居たかった!!



新撰組を語り出したらとまらないので
ここらで次に移動します(笑)



11-3-28 (7)




龍安寺内にある、豆腐料理屋さん。
というか、湯豆腐のお店でした。



11-3-28 (22)




庭を抜けて



11-3-28 (8)




こちらで頂きます。



11-3-28 (11)





婆ちゃんと孫の図。




11-3-28 (10)





これが湯豆腐。
おいしかった~~~!!
なんだろう、されど湯豆腐!
いやもう満足~!




11-3-28 (9)





食べる前に撮って、これ鉄則!




11-3-28 (12)





撮ったあとは、大口開けて頂きました!



食べたあとは、ゆっくり歩いて
母の希望だった石庭へ。




11-3-28 (23)




有名な枯山水。
実は、私は初めて見ました。
この後妙心寺へも行ったんですが



日本人で本当に良かったと思いました。
それは、また後で・・・



11-3-28 (18)




11-3-28 (17)




龍安寺の母の目的はこれ。
かつて所蔵していた、ふすま絵が
帰還したとの事で、特別公開をしていました。
3月31日までしかなかったので
思い切って行ったのは、この為です。



11-3-28 (14)




11-3-28 (13)




写真からも、凛と引き締まる静寂が
伺えませんか?
それを心地いいと感じるのは
日本人だからでしょうか?



実際は、たくさんの観光客が居たんですけど
さすがに騒ぐ人は居ないので、穏やかでした。



11-3-28 (25)




こちらは妙心寺。
日本最大の禅寺です。
手前が仏殿、奥が法堂です。
法堂には、これまた有名な雲龍図があります。



11-3-28 (24)




法堂の屋根ですが
東南の方角だけ、鬼瓦ではなく龍なんだそうです。
雨を呼ぶためだとか。



雲龍図も、圧巻です。
迫力や、精悍さや、これを描いた人が
同じ日本人だなんて!



11-3-28 (26)




これは妙心寺内の道なんですが
妙心寺と言っても、1つの寺ではなくて
46の寺院が敷地の中にあるんですね!
初めて知りました・・・



とても時間が足りず、回りきれないので
諦めて次へ。



11-3-28 (27)




最後は清水寺。



11-3-28 (28)




清水の舞台を下から眺めました!
桜のつぼみも膨らんでいて
全体が、うっすら淡いピンク色になってました。



本当は西本願寺にも行きたかった。
こちらも、新撰組の屯所だったってのも
あるんだけど(笑)



建築家、フランク・ロイド・ライトが模したとされる
飛雲閣を見てみたかった。
池から入る舟入の間を、見てみたかった。
でも、公開しているかどうかも確認してないし
とにかく時間が足りないので
また改めて、来ることにして
日帰りの京都からの帰路につきました。



枯山水しかり、雲龍図しかり
庭園にしても、建築物にしても
四季の変化を愛でる感性
計算され尽くした美しさを
感じる感性



昔の日本人には、それらがあって
それを今、見られるのは
本当に幸せだなと、つくづく思いました。



今の時代、未来に残せるものは?
と言うと、これはまた長くなりそうなので
機会あれば、また書こうかなと。



11-3-28 (29)




11-3-28 (30)





11-3-28 (31)




常にカメラ目線のD。
左下で(笑)
なんだこいつ、と思ったら



11-3-28(32).jpg




無意識に私もカメラ目線だった!
DNAはここか~!わはは!



また近いうちに、京都に出没したいと
思います~~!





旅行 / 21:00 / CM[2]



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。