上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔、アドバンスのライセンスを取る時に
夜の真っ暗な真っ暗な海の中に潜り
自分のライトの明かりしかなく
キック数のみで四角を描いて
戻ってくるという課題がありました。




20-9-23 (2)

<これは昼間の海です。水深15m程度>



最初はイントラさんの居る位置からスタートするんだけど
20キックもすれば、もう自分だけ暗闇に1人で
うねりの音だけしか聞こえないし
きっと暗所恐怖症の人は出来ないかも。




でも、ライトの細い光の先に
昼間と違った顔の、海の中の彼らの世界が広がっていて
そりゃもう、キック数忘れそうな程
神秘的で、本来の姿、生態を間近で見られて
昼間のダイビングとはまた違った
厳かな感覚を味わいました。



夜光虫もいっぱいだったから
その影響も多大にあったと思うけど。



昼間の海も、それはまた厳かです。
海の中で、上を向いて、見えないうねりに漂ってると
自分のちっぽけさを教えて貰えます。
でも上に見える水面は果てしなくキラキラしてて
凄く綺麗なんだなぁ。




20-9-23.jpg




これはKが2歳くらいかな?
サーフィンのメッカとも言われるビーチで。
あ、でも国内ですよ。
しかも愛知県内です(笑)



KもDも1歳を迎える前から海に行ってます。
とにかく海が好きです。
海を見ると、マジ達と共に妙にテンション上がります。
冬でも飛び込む勢い(笑)



汚れて荒れていく海は悲しい限りです。
いつまでも、海は海であってほしいし
健全な環境が人間の手で壊されているのも事実ですが
助けよう、戻そう、と尽力しているのも事実です。





海の種(Sea Seed)


直接手伝う事は出来ませんが
出来れば少しでも役に立てれば。
KとDの名前で参加させて頂きました。



KとDや、もっと次の世代に残せる海が
今より健全で、綺麗な厳かな海でありますように。



20-9-23 (1)













スポンサーサイト
日記 / 14:58 / CM[4]


それなりに毎日、慌しく過ぎてますが
ようやく涼しくなってきて
電気代も助かるってもんです。



先月の請求、2万8千円!!
我が家初の2万超ですわ!



まぁでも可愛い犬達の為
毛皮脱がすわけには行かないしね。
しょうがない、支払いましょう(涙)




さて、いきなりクイズ!
マックスはどこでしょう?



20-9-22.jpg




結構分かっちゃうか~(笑)




20-9-22 (1)




正座して『入っていいですか?』と
聞いてるように見える。




ドリルとかノコギリとか
普通に置いてあるから
もちろん裸足組は入れませんよ。




しばらくしたら居なくなったな
と思ったら、こっちから出てきた。




20-9-22 (2)





脚立の陰になって、私の姿が
マックスから見えないんだろうな
きょろきょろしながら、そ~っと入ってきて




20-9-22 (3)




嬉しそうじゃのぉ~!




突然ノーと言ったら飛び上がって
戻って行きました。
ほっほっほ。



ちゃんと出来たら入れちゃるから
しばし我慢せい。




どれも少し前の写真なんで
まだまだ工事中ですけど
今はかなり出来上がってきてます。
そろそろ終盤、仕上げの工程に
入ろうとしてます。




20-9-22 (6)




この窓が




20-9-22 (7)





こうなりました。
これもちょっと前の写真。
今は壁部分に不燃ボードが張られてます。



20-9-22 (10)




和室の低い天井を抜いて、こうなりました。
てっぺんまで5m近くあります。
その代わり屋根裏がなくなったので
断熱材を入れて不燃ボードを入れて
板を張ってくれました。




これ、大工さん1人で張ってくれたんですよ。
寸分の狂いも歪みもズレもない。




20-9-22 (9)




ここの切り掻きといい
合わせといい、これぞ職人って感じですよね!
大工さんの腕が良くないとこうはいかない。



板の端切れを持って脚立登って
梁の部分の形に合わせて端切れに線を描き
脚立を降りては実際に切ってみて
また登って梁に合わせてみて
合えば、張る予定の板を、いざ切る!



と言う作業を何十回と繰り返して
張ってくれた天井。




今年の夏は特に暑かった中での作業だったし
本当に感謝し足りない位です。




この天井は、これからのウチの自慢です!




大工さんだけじゃなく、水道、塗装にしても
どの業者さんも丁寧で細かく仕上げてくれて
私達が、こうしてほしいと思っていた以上の
仕上げであったり作業であったりを
してくれてます。




先日、シンクに取り付ける排水口に
ついてるハズのパッキンがついてないのが判明。
すぐ輸入代理店に問い合わせて
送ってもらったから良かったのだけど



それに気付いたのが水道屋さんで
その日、借りてっていいか?と
持って帰ったのです。



で、次来た時に、こっそり?じゃないけど
排水口が戻されてて、見てみたら
なかったパッキンがハマってる!!




どうにか見つけてくれてハメてくれたんだろうなぁ。
まぁ、パッキンは1個余っちゃった訳だけど(笑)
有難い話じゃないですか、私の注文したパッキンは
取り寄せれなかったと言う事にします!




20-9-22 (11)




床板も届きました。
無垢のオークのフローリングです。




そんな感じで工事は着々と進んでおります。
完成が待ち遠しいけど、大工さん達が
もう来なくなるのかと思うと寂しい限り。





20-9-22 (8)




まだしばらく、宜しくお願いします。





日記 / 21:00 / CM[0]




合間をぬってDの文化祭を覗いてきました。




Kの時もそうだけど、まず滅多に
文化祭、体育祭を見に行きません(笑)



Kの時は、Kが1年2年と、合唱の伴奏で
ピアノを弾いてたけど
見にも聞きにも行ってない。



行った他のお母さんが
『また来てなかったでしょ、はい。』と
写真をくれるので、写真だけはあります。
なんて有難い。




3年だけは、自分が役員だったから初めて行きました。
これまた有難い事に
別のお母さんが、撮る時のべスポジを
教えてくて、しかも私は広報の腕章をしている。




だから、そりゃもうベテランの様な写真を
撮る事が出来ました。




Dもそんなつもりで、行く気がさらさらなかったけど
学校の隣の郵便局に行ったので
合唱だけ聞いて帰ろうと
フラっと体育館に立ち寄りました。




自分の頃って親って来たっけ??




と言うか、本人達が楽しむ為の行事なんだし
普段、給食だけど、この日は弁当になるんで
弁当も豪華に作ってあげるし
晴れを祈ってもあげる。



けど、まぁ親はねぇ。
子供達の世界を存分に味わえればいいかなと。




でも、今回、行ってきました。




20-9-22 (4)




さて、Dはどこでしょう?




20-9-22 (5)




指揮してました(笑)



ぬおおお??って感じ~!




やる気のない指揮だったし
ピアノとリズムがズレ出すし
だからピアノに合わせようとしている指揮者だし(笑)



クラスの子が、指揮者じゃなく
ピアノに合わせて歌ってくれたおかげで
学年優勝だったそうです。



来年は伴奏をやる気のD。



来年は見に行くのやめよう。



因みに今回も、どうせ来てないだろうと
そのお母さんが、Dの真ん前まで出て
撮ってくれたそうです。



そ、それって凄い度胸じゃ?!



いや、もう、ほんとうに有難う御座います。




こうして、彼等のアルバムには
素晴らしい写真が残されてゆくのであった(笑)

日記 / 21:00 / CM[0]



今回の工事で、居間、和室、台所を
1つにするので、今現在、キッチンが
ありません。



洗面で食器洗って、野菜切って
2階へ持ってって調理してます。



母が、どうやって生活してるんだか
何を作ってるんだか、心配の様で
差し入れ持って行くから、とまで
言われる次第です。



大丈夫だって、ちゃんと何とかなってるって。




どんな生活になってるかと言うと。




10-9-2 (2)





10-9-2 (3)





レンジ、トースター、炊飯器。
エスプレッソマシンにティファール。
案外置けます。




10-9-2 (4)




でもって調味料とかも。




ここ、Dの部屋なんで
Dの本棚をちょっと借りて



10-9-2 (5)




10-9-2 (6)




こんな感じ。



味噌汁作る時は、ティファールで沸かして
湯を鍋に移して作るし、ホットプレートで
蒸し焼きも出来るし、カセットコンロもあるし。




何より、振り向けば、全部手が届くんで
結構便利かも!



不便だと言っては、大きい顔して
品数少なくしちゃってるし(笑)



10-9-2 (8)




犬達もシンクロして快適みたいだし。




10-9-2-16.jpg




Kまでもがシンクロしてるわ(笑)
顔はあまりにもヤバいので
嫁に行けなくなっては困るし
自主規制させて頂きました・・・




そして忘れちゃならねぇ
こいつも楽しいらしい。




10-9-2 (7)




誰よりも楽しんでるかもね。



日記 / 16:08 / CM[8]



旦那はスタイリッシュな家が
理想なんだそうで、モノトーンが似合う家
みたいな感じが好きらしい。



反面、私は、お金に糸目をつけなくていいなら
昭和初期の頃の家を、そのまま移築したい(笑)




旦那と真逆もいいとこだ。




で、我が家はと言うと
ばりばりのコテコテの和風の家。
しかも、新家さんの家を中古で買ったので
私としては造りも気に入っている。



リフォームにしようと決めたのに
もう1つ理由があって
屋根裏を覗いた時に、太い梁を見て
壊すのがもったいなかったから。



10-9-2 (11)




継いでない赤松の梁。
こんな贅沢なの、建替えだったら絶対使えない!



10-9-2 (12)




はいこっちも赤松です。
2階を支える梁です。



10-9-2 (10)




しかも土台の木はヒバ!
柱は全部檜!
ひええ~~なんだ、この家!
ってか、解体して大工さんに説明して貰って
初めて知ったんだけど~(笑)



ああ、ほんとうに建替えにしなくて良かった(涙)
ちゃんと綺麗にして
大事に大事に住んで行くよ~!
私達にはもったいない位の家だったんだなぁ。



柱に犬がおしっこもしたな・・・
知らぬが仏とは、まさにこの事(笑)



和室の見えてる柱が檜なのは
知ってたんだけど、見えない所までだったとは。



今回、床の間は残したんだけど
床柱も京都の北山杉だそうで。
つくづく、壊さなくて良かったーーー泣



解体して初めて知ったわけだけど
ますます愛着もって、大事に住んでこうと
心底思いましたね。



犬達にも、なるべく涎とか飛ばさない様に
して頂きたい(笑)



そうそう、解体した事で
分かった事がもう1つ。




10-9-2.jpg




ここの壁に、雨漏りであろうシミが
出来ていて、台風の時なんかは
結構シミが浮き出ていたのですが




解体してみたら。




10-9-2 (1)




見事に腐ってる・・・・・




まさかの事態!




土台は腐りも白アリもなく
かなり綺麗だったので修理はなしだと
思っていたら、こっちがここまで
酷くなってたとは。




入念に漏れの原因を探してもらい
修理して、柱と壁に補強をして
完璧に直して頂きました。



やっぱり30年経つと、どっかしら
痛みはやむを得ないんだね。




10-9-2 (13)




1番心配していた、お風呂周りは
風呂、洗面、トイレまで
ブロックで造られてたので
腐りの心配もなかった。



ただ、お湯の管が鉄管だったので
赤サビが酷く、それを替えてほしいと
お願いしてあったら



銅管にしてくれました。
塩ビかなぁ、なんて思っていたから
なんて有難い話。



普通は、多分、こういう事も
例えば『銅管にしてください』とか
施主側が言うのかもしれないけど
ウチの場合、全部お任せなんで。



終わってから聞くことばっかり(笑)



10-9-2 (15)




これもそう。



新たに土台を足したわけだけど
何を使うのか知らなかった。



これは檜だそうです(笑)



見積もりの範囲の中で
要所に使う物は良い物で
他の部分も、最良、最善の事をしてくれて
しかも、常に、お金が掛からないように
『それすると高くなっちゃうよ』
って言ってくれるし(笑)



いやはや有難いです。




10-9-2 (14)





基礎を新たに造りました。
2部屋を繋いだので、柱を抜いた分
基礎と壁で補強です。




次回はもうちょっと進んだ写真が
載せられるかな~と思っとります!















日記 / 21:00 / CM[2]



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。