上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20141022.jpg




今日現在のマックスです。



あれから、写真を撮る間もないくらい
毎日、色々試したり止めたり変えたり
マッサージだけでなく、動かす事を前提に
序々に介助用具も外して、なるべく自力で動けるようにと
やってきました。



2週間ほどの寝たきりで、マックスの太ももの筋肉は
削げ落ちてしまって、なぜだか毛も凄い量が抜けて
本当にみすぼらしいまでにゲッソリとなってしまった。



介助用品も、こっちにとってはとても楽なんだけど
それに頼らせちゃうと、筋肉を使わなくなっちゃうので
必要最低限にとどめて少しづつ
頑張らせました。



やっぱり右後脚が写真でもわかるように
反応が遅いので開いたりしてますが
自力で立って、歩けるまでに回復しました。



動画撮ってみたんだけど、ここにどう張ったらいいか
わからないぞ(笑)



先日、改めてまた病院に。
今の症状からするとヘルニアとの事で
回復する子もいれば、寝たきりの子もいて
マックスの場合は腰が半分抜けたような状態だけど
よく動いているので、これをキープできれば
と言う事になりました。



右後脚の少しの麻痺は治らないかもだけど
ここまで出来れば充分。



おしっこの時は腰が浮かせられないので
○ん○んがついちゃうんだけど、一応自分でしに行けるし
うんちの時もやっぱり腰が下がっちゃうんで
後ろから少し支え上げてやらねばなんだけど
これも上出来だ。



そして私の腰も鍛わってるようで
あれ以来、大丈夫。



裏庭の蛇口がお湯も出るようになってるので
運動にはもってこいのプールを出そうかと思ったのだけど
翌日とか、冷めたのを沸かす手立てがなく・・・・・



ま、プールはさすがに無理だな(笑)



とにもかくにも、完全には無理だけど
復活はしてきてる。
これからは、私にも言えることだけど
筋力補強の為の運動せねばね。
マックスの運動=私の運動
なわけで、名実ともにパートナーだね、マックス。

スポンサーサイト
日記 / 14:00 / CM[2]


この2週間、ほとんど寝るか
起きてても目が開いてるだけで無表情だったのが
痛みが引いたのか、笑顔で『ハッハッ』と
しゃもじのような舌を出して尻尾を振るようになった。



そうだそうだ、それでこそマックス。



そうしたら俄然動きだし、立とうとし、でも力が入らず立てず。
また立とうとしては、立てないの繰り返し。



やっぱり右後脚の動きが鈍いものの
動かないわけではなさそう。



立てないジレンマからか、腹ばいのまま、前後の脚を動かして
『カシャカシャカシャカシャ』
って凄まじい音と動きで近付いてくるマックス
笑顔だし・・・・



20141016(1).jpg




ちょっと怖いよ。
いや、喜ぶべきところなんだけど、ひっってなりました、はい。
ちょっとだけね、ちょっとだけ。
そんな移動、人生初めて見たよ。



褒めたもんだから、大喜びで次のターゲットに
カシャカシャカシャカシャ~~~!っと進むマックス
むむ~褒めちゃいかんかったか?
でもなぁ、つい嬉しさのあまり



とりあえず、抱き上げに行ってカーペットの上に戻すものの
そんなに立つ気があるなら立たせてみるかと
抱き上げて立たせてみた。



そしたら、動けないけど立ってはいられる!
よぉし!よし!!



20141016(2).jpg

(↑外に出ると動きたい刺激になるかと
抱っこして出し、あえて外で立たせてご飯と水を)



腰が支えていられるならば、筋トレだ!
おめぇの筋肉全てお見通し!
負担なく筋肉つけるぞ。


ショーの時にひたすら筋肉つけるべく
いろんな遊びと称して運動したもんね。
どうにでも組み合わせて筋肉で腰を補強しちゃる!


まずはゆっくりゆっくり、1歩から始めるぞ!



20141014(1).jpg




毎日、外を眺めております
マックス爺さん。


変化は少しづつですが上半身を起こしていられるようになりました。



いわゆるフセの状態が出来るようになりました。
先週までは頭を上げていられなかったので
ちょっとですけど変化です。


20141014(2).jpg




で、調子良ければ、お尻を基点に
前脚を動かして向きを変えるとか
そのまま後退して移動を試みるとか
奴なりに工夫し始めました(笑)



近くに移動したいんだろねぇ
でも近くに来たら来たでイタズラされるけどね。



20141014(3).jpg




毎朝の日課の体拭きと、マッサージ。



オレンジXを薄めたお湯で全身を拭いて
少し熱めのタオルで腰と脚の関節温めて
太ももの内側とワキも温めて血行良くして
マッサージ。



これやり出すと寝るのも毎日。



変化あるからね、やる気も出るよ。
どこまで復活するかはわからぬが。



でも、右の後脚は以外は、ちゃんと動いてるし
尻尾も振れるようになったから
立てるようにはなるんじゃないのだろうか。



先生は最悪下半身麻痺かもしれないと言っていたけど
それも神経を痛めてたらの話であって
立てるほど力が入るかどうかわからないけど
諦めずやってみよう。


日記 / 21:00 / CM[0]


相変わらず、動けないマックス。

とりあえず、体の向きを変えたり
腰や脚を温めたりと、思いつく限りの事を始めた。


同時に介護用品を慌てて物色。
でも一体、どれが使えて、どれが必要なのかも分からず
友人たちの経験やアドバイスを聞いて
まず必要なものを頼む事に。



マックスの状況を見つつ、買い足していけばいいし。



有難い事に、本当にたくさんの友人が
色んな話を聞かせてくれて、励ましてくれて
使ってない物あるからを送るよと言ってくれたり
お陰で、少しづつ、こういう生活(介護)が始まるんだなと
気持ちのうえで実感する段階を踏めて
とても感謝でいっぱいでした。


2014107(1).jpg



近所の人が飼っていた犬が亡くなって
余ってしまったんだけど貰ってくれないかと
何軒かから、おむつやトイレシートを貰っていて
ずっと取ってあって、おむつもあるにはあるけど
身に着けられるのが大嫌いだから
結局トイレシートの上でいつでもどーぞの形にした。



カーペットも粗相したって洗えばいいし、とにかくどんなリズムの生活になるか
しばらくやってみないと分からないしね。


なんて思っていたけど、こうなってもマックス自身は
排泄のリズムは変わらず、朝、昼、晩、寝る前と
耳元で『おしっこおしっこ』と言ってやると
してくれるので、それは助かりました。


三つ子の魂百までじゃないけど
しっこうんちは言えばしてくれる。
ええ子やね、マックス。


ただ、立ってしたいとこを寝たままするのが
やっぱり嫌らしく、粗相もあった。
その度にお湯で体も拭くんだけど
だんだん、してもいいんだと分かってからは
ちゃんとしてくれました。



食欲もどうなることかと思ったけど
こちらは衰えることなく食べる食べる。



起き上がれない、首も動かしたくないようなので
少しづつ口に放り込む形で。



食べるシーンの写真は、その時には撮れなかったので
今現在、マックスは起きて食べますが
再現てことでマックスに演技してもらいました(笑)



2014107(3).jpg





2014107(4).jpg





2014107(5).jpg




うんうん、まさにこんな感じだった(笑)
ちょっとね、目がもう少し虚ろではあったけども。



そんなこんなで全く動けないマックスを抱えて移動させたり
向きを変えたり、シート交換の度に、中腰の姿勢で持ちあげるわけで
一気に腰が悲鳴をあげた。



もうパンパンで仰向けになれない。
マッサージも近くにあるにはあるけど
置いてはいけない、目も離せない。
でも治さないことには明日からも続く介護が
出来なくなるでは話にならないし。



で、思いついたのがヨガ。



出産で股関節がズレたままなので
時々、足が前に出なくなる時があって
それを解消すべく始めたヨガなんだけども
悪化する前にひたすらほぐしまくって
合間合間に、5分程度を何回か繰り返して
なんとか復活、翌日には張ってるものの痛みはない。


これと、介助用品とやってくしかないなと。


少しは復活するのだろうか?
もっと悪くなるのだろうか?
容体が急変したら?
まだやれてないこと行けてないこといっぱい
マックスのくせを動画に撮ろうとしてたのに
なんでその時やらなかったんだろう
なんで後回しにしたんだろう
もう見れないかもしれないのか?
涼しくなったら訓練所にも、雪の山にも
来年は海にも、なんて思っていたのに


こんなに時間がなかったんだと
急に起こった現実が、落ち着いて先を考えられるようなって
ここでやっと降ってきて、重い重い物がのしかかってきて
不安ばっかりで、後悔ばっかりで


そんな時に友人から電話が。


『どうせ1人で泣いてんでしょう~そう思って電話した』と。


もう思わず電話口で号泣(笑)
なんてタイミングで掛けてくるんだ~
ボロボロしちゃったわ。


事の発端からLINEでずっと話を聞いてくれてた友人にも
昨日からたくさんの励ましをくれた、たくさんの友人にも
本当に気持ちが救われました。


振り返って凹んでる場合じゃないわ、頑張るぞ。



10月6日の夜です。

庭で排泄を済ませて一緒に中に入り
マックスはおもちゃ探して尻尾ふりふり
ウロウロしてる姿を見つつ
私は夕飯の片づけで手元に視線を落として
すぐまた視線をマックスに戻したら
マックスが中腰の姿勢のまま
動けなくなっていて、一体何が起こったのか
そのまま動けなくなりました。



慌てて抱きかかえて寝かすも
また起き上がろうとするわ、でも起き上がれないわで
私が体に巻くタオルを取りに行くと
後を這いずって追ってこようとする状態で。



呼吸も荒く、様子を見つつ夜間病院に行くか
迷って夜を過ごし、夜中には熱が出始めたようで
耳も息も熱くて、ワキを冷やしつつ朝一番で
病院へ行くことに。
この日は娘も遅くまで起きて手伝ってくれてほぼ徹夜だった。


2014106 (1)



翌朝、台風の風雨が弱まるのを待って病院へ。
幸い娘が休みで居たので2人で運べて助かった~。


レントゲンと血液検査の結果
多分、背骨の1部分の隙間がないので
そこが潰れたのではないかと。
その時に神経を触って動けなくなってるのではないかと。



幸い、血液検査の結果だけは良くて
心臓も肺も綺麗で雑音もなく
腎臓、肝臓の数値も良く、すこぶる元気だった。
他の詳しい検査をしてみないとわからないが
どこかに腫瘍がある可能性も低く
やっぱり加齢による骨せいだそうで。



ただ内臓が元気と言うとこは、寝たきりになった場合
介護が長期になることと
神経が圧迫されている場合など、脳炎を起こす事があって
その場合はどうにもできないので覚悟して下さいと。
1週間が山です、1週間過ぎれば大丈夫でしょうと。



解熱剤、痛み止め、注射と点滴とを受けて
この日は帰ってきました。



『覚悟を』の言葉に目の奥が熱くなったけど
信じられない気持も大きくて、泣けるとかそういうのは
全くなかったです、この時は。



2014106 (2)



寝かされたらそのままのマックス。
微動だに動けない。
頭の下にタオルを入れようと持ちあげるのも
ぐっと力を入れて嫌がる。



2014106 (3)




だめだと何度離しても、くっつくジン。


力が入らないからか
マックスの体がおかしな曲がり方になってます。



2014106(4).jpg




どうにも離れんジンをケージにとも思ったけど
マックスが痛がってなくて、ジンも無茶しないなら好きにさせようと
放っておくことにしました。






 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。