上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KとDを取り巻く環境で、の話なんですけど
そもそも学校って、勉強を先生に教えてもらいに
行く所であるのと、協調性を身につける場でも
あるわけじゃないですか。


親に庇護されていた環境から
1歩1歩外に出て、いずれは社会に出るための
基礎となるため、学校は存在してるわけだと
思うんですよ。


そして無くてはならない所であって
学校でそれらが学べる様に
家庭での躾が必要不可欠だと思うのです。


今の先生って子守だもんね、真面目に。
どんどん子供は大きくなって手が離れて行くけど
大きくなるにつれて、ぶつかる問題が
大きくなるじゃないですか。


中学生の今はいいんですよ、まだ。
大きいと言っても知れてるから。
でも、この先は自分で解決してかなきゃ
いけないわけで、今ぶつかる壁は
親が見守る中で、自分で乗り越えるべきなのに
これまた親が解決、もしくは逃げ道を記す人が
多い多い!


だから打たれ弱い子が多くなるんだよ。
で、すぐ「イジメられてる」と先生に言って
根本の問題を学校に託すんですよ。


はっきり言って先生だって全員を見てるつもりでも
細かくなんて見れないのよね。
40人もの多感な子供達を先生1人で指導できるのは
本来、家での基本的な教育が出来てるからこそであって
それが出来ない親に、『先生うちの子お願いします』
なんて言われたって「はぁ??」だと思うわ。


先生に言う前に、子供を庇う前に
てめぇで乗り越えさせる根性つけたれや!って話ですよ。
いやもう言葉悪いですけど、真面目にそうでしょ?
親が右往左往してどうすんの。


私の時だって不良って呼ばれる子が居たけど
頼りになるいい奴でしたよ。
授業中不満があっても、みんなに迷惑かけるからって
自分だけ教室出てっちゃって、業後、先生が
事情を聞きに呼んでみたり。


ちゃんと彼なりの筋が通ってたもんね。
だから友達も多かった。
そして、そんな彼も親が一番怖かった。


今の子って親は怖くないのよ。
身近な大人である親が、ちゃんと見てあげない
聞いてあげないから、大人に不信感を持っちゃって
そんな子が他人の先生に心を開くわけがないよね。


で、授業中だろうが、他人の迷惑なんて
関係ないと暴れる子が出る。
そのせいで何時間も授業が潰れてたりするし。
それを聞いた親が、授業数が足りないと
文句の電話があったりするそうです。
そりゃね、確かに、私だってそう思うよ。


学校の授業内容、授業時間だけじゃ
とても大学受験に間に合わないから
進学塾入れてんだもん。


授業に関しては、ゆとり教育が始まった時点で
もう学校はアテに出来なくなってたのだ。


私立中学では、中2で中3までの授業内容を終えて
中3で高1の内容と受験に向けての勉強を
みっちり1年やって高校受験を迎えるのだそうです。


かたや公立中学は、行政のカリキュラムで
中3の夏までかかって授業内容を終え
遅い所は秋までやって、それから受験対策。
そんなレベルの子達と同じ土俵で受験すんですよ?


大人になる頃に、大きな格差が出来て当然だと思う。
行政に左右される教育ってどうよ?
先生も板ばさみで大変だと思う。


でも、先生も色々で、ひたすら「先生って言う職業は
凄く大変なんだ」と生徒達にアピールする先生もいる。
K達が、今度、職業体験なるカリキュラムを行うにあたって
先生が熱く語るんだそうだが、そうじゃないじゃん?


どの仕事も畑が違うから、苦労の形は違えど
どんな仕事も大変に決まってる。
色んな職業があるけど、どの仕事も
とても大事なんだって事を、教えなきゃいかんだろう。


自分の仕事ばっかりが重要で大変だと
子供達に語るのは間違ってるし
勘違いもいいとこだ。


もちろん、良い先生もいて
うちの二人は、習い事もそうだけど
ご縁に恵まれて、二人をよく理解してくれて
しっかり怒ってくれる先生ばかりなので有難いのだけど。


Dはまだまだ、小学生だしそんなでもないけど
Kの方が、部活では、ねちねちと
理不尽な嫌味を言ってくる先輩に耐え
適度にさらっと言い返して反抗し、友達関係でも
今まで仲良くしていた子が離れてと
周りが騒がしくなってきた。
そんな時期なったんだな~とこっちは思ってるだけだけど
実際、それだけじゃ済まなくなってきてるようで。


そういうのも学校生活じゃなきゃ
経験出来ない事であって、すべき経験だと思うのだ。
その分、愚痴はいっくらでも聞いてやる。
が、相手は同じ考えの親じゃないからなぁ。


どうしたもんか。


我慢出来なくなったら思いっきり言い負かして
それで駄目なら殴って帰って来い。
と言ってあるのだけど、それで相手の親御さんが
怒鳴り込んで来たら、何回でも頭下げてやる。
そしてKを褒めてやるわ!


てか、子供が殴り返しに、直に来いだ!
ふっ、来ても殴らせんけどね。
そういうケンカをして仲直りした友達は
一生の友達になるのにな。


経過はまたいずれ・・・・。







日記 / 10:27 / CM[0]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。