上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那はスタイリッシュな家が
理想なんだそうで、モノトーンが似合う家
みたいな感じが好きらしい。



反面、私は、お金に糸目をつけなくていいなら
昭和初期の頃の家を、そのまま移築したい(笑)




旦那と真逆もいいとこだ。




で、我が家はと言うと
ばりばりのコテコテの和風の家。
しかも、新家さんの家を中古で買ったので
私としては造りも気に入っている。



リフォームにしようと決めたのに
もう1つ理由があって
屋根裏を覗いた時に、太い梁を見て
壊すのがもったいなかったから。



10-9-2 (11)




継いでない赤松の梁。
こんな贅沢なの、建替えだったら絶対使えない!



10-9-2 (12)




はいこっちも赤松です。
2階を支える梁です。



10-9-2 (10)




しかも土台の木はヒバ!
柱は全部檜!
ひええ~~なんだ、この家!
ってか、解体して大工さんに説明して貰って
初めて知ったんだけど~(笑)



ああ、ほんとうに建替えにしなくて良かった(涙)
ちゃんと綺麗にして
大事に大事に住んで行くよ~!
私達にはもったいない位の家だったんだなぁ。



柱に犬がおしっこもしたな・・・
知らぬが仏とは、まさにこの事(笑)



和室の見えてる柱が檜なのは
知ってたんだけど、見えない所までだったとは。



今回、床の間は残したんだけど
床柱も京都の北山杉だそうで。
つくづく、壊さなくて良かったーーー泣



解体して初めて知ったわけだけど
ますます愛着もって、大事に住んでこうと
心底思いましたね。



犬達にも、なるべく涎とか飛ばさない様に
して頂きたい(笑)



そうそう、解体した事で
分かった事がもう1つ。




10-9-2.jpg




ここの壁に、雨漏りであろうシミが
出来ていて、台風の時なんかは
結構シミが浮き出ていたのですが




解体してみたら。




10-9-2 (1)




見事に腐ってる・・・・・




まさかの事態!




土台は腐りも白アリもなく
かなり綺麗だったので修理はなしだと
思っていたら、こっちがここまで
酷くなってたとは。




入念に漏れの原因を探してもらい
修理して、柱と壁に補強をして
完璧に直して頂きました。



やっぱり30年経つと、どっかしら
痛みはやむを得ないんだね。




10-9-2 (13)




1番心配していた、お風呂周りは
風呂、洗面、トイレまで
ブロックで造られてたので
腐りの心配もなかった。



ただ、お湯の管が鉄管だったので
赤サビが酷く、それを替えてほしいと
お願いしてあったら



銅管にしてくれました。
塩ビかなぁ、なんて思っていたから
なんて有難い話。



普通は、多分、こういう事も
例えば『銅管にしてください』とか
施主側が言うのかもしれないけど
ウチの場合、全部お任せなんで。



終わってから聞くことばっかり(笑)



10-9-2 (15)




これもそう。



新たに土台を足したわけだけど
何を使うのか知らなかった。



これは檜だそうです(笑)



見積もりの範囲の中で
要所に使う物は良い物で
他の部分も、最良、最善の事をしてくれて
しかも、常に、お金が掛からないように
『それすると高くなっちゃうよ』
って言ってくれるし(笑)



いやはや有難いです。




10-9-2 (14)





基礎を新たに造りました。
2部屋を繋いだので、柱を抜いた分
基礎と壁で補強です。




次回はもうちょっと進んだ写真が
載せられるかな~と思っとります!















日記 / 21:00 / CM[2]





うわー!よくぞそこまで真逆志向の家の趣味で今回のリフォームまとまりましたね~!
でも、ほんと最高の建材で堅強な造りそう。
業者さんもリフォームしがいがあるってもんでしょうね。

しかし、リフォームってもっと簡単なレベルかと思っていたら、主だった柱残してほぼ造り直しなんですね!

ところで・・・下のコメント返しでいただいた件(柊のことね)あれ?知られてないのかなと思って調べてみたら関西の風習だったみたい!!(父方は関西なもんで)当たり前のようにやってたよー。

http://www.j-muse.or.jp/rika/spring/pr01/?y=2008+m=4
たむ | | 2010/09/02 15:56 [編集]



おおーー!たむさん!
どうしてるかなと思ってたのよ!
メールしようか迷ってたけど、って事は、まだなのね!

頑張れ~たむさん!!(笑)

そうなの、そうなの、真逆もいいとこでしょー!
勢いでまとまった感はあるんだけど、まぁ何とかなったよ(笑)


私も、どこまでどう壊すのか、説明は聞いたものの見当もついてなくて。
いやーー見事だよね、私も加わって解体したかったかもー!

作り直さなきゃならない位、家の造りが昔の建築方法なんだよね。
それでも、今の基準には満たない部分があるし、ベストなのは建替えなんだろうね。

そうそう、柊の件、見てきた!
そういう習わしがあるのね~~!
全く知らなかったよ~。
こっちでは、特に柊を使った習わしは聞いた事なくて。
あ、私が知らないだけかもだけど・・・

いや~色々、あるんだね~また1つ引き出しが増えたよ~!

やすよ | | 2010/09/02 16:16 [編集]


:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。