上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相変わらず、動けないマックス。

とりあえず、体の向きを変えたり
腰や脚を温めたりと、思いつく限りの事を始めた。


同時に介護用品を慌てて物色。
でも一体、どれが使えて、どれが必要なのかも分からず
友人たちの経験やアドバイスを聞いて
まず必要なものを頼む事に。



マックスの状況を見つつ、買い足していけばいいし。



有難い事に、本当にたくさんの友人が
色んな話を聞かせてくれて、励ましてくれて
使ってない物あるからを送るよと言ってくれたり
お陰で、少しづつ、こういう生活(介護)が始まるんだなと
気持ちのうえで実感する段階を踏めて
とても感謝でいっぱいでした。


2014107(1).jpg



近所の人が飼っていた犬が亡くなって
余ってしまったんだけど貰ってくれないかと
何軒かから、おむつやトイレシートを貰っていて
ずっと取ってあって、おむつもあるにはあるけど
身に着けられるのが大嫌いだから
結局トイレシートの上でいつでもどーぞの形にした。



カーペットも粗相したって洗えばいいし、とにかくどんなリズムの生活になるか
しばらくやってみないと分からないしね。


なんて思っていたけど、こうなってもマックス自身は
排泄のリズムは変わらず、朝、昼、晩、寝る前と
耳元で『おしっこおしっこ』と言ってやると
してくれるので、それは助かりました。


三つ子の魂百までじゃないけど
しっこうんちは言えばしてくれる。
ええ子やね、マックス。


ただ、立ってしたいとこを寝たままするのが
やっぱり嫌らしく、粗相もあった。
その度にお湯で体も拭くんだけど
だんだん、してもいいんだと分かってからは
ちゃんとしてくれました。



食欲もどうなることかと思ったけど
こちらは衰えることなく食べる食べる。



起き上がれない、首も動かしたくないようなので
少しづつ口に放り込む形で。



食べるシーンの写真は、その時には撮れなかったので
今現在、マックスは起きて食べますが
再現てことでマックスに演技してもらいました(笑)



2014107(3).jpg





2014107(4).jpg





2014107(5).jpg




うんうん、まさにこんな感じだった(笑)
ちょっとね、目がもう少し虚ろではあったけども。



そんなこんなで全く動けないマックスを抱えて移動させたり
向きを変えたり、シート交換の度に、中腰の姿勢で持ちあげるわけで
一気に腰が悲鳴をあげた。



もうパンパンで仰向けになれない。
マッサージも近くにあるにはあるけど
置いてはいけない、目も離せない。
でも治さないことには明日からも続く介護が
出来なくなるでは話にならないし。



で、思いついたのがヨガ。



出産で股関節がズレたままなので
時々、足が前に出なくなる時があって
それを解消すべく始めたヨガなんだけども
悪化する前にひたすらほぐしまくって
合間合間に、5分程度を何回か繰り返して
なんとか復活、翌日には張ってるものの痛みはない。


これと、介助用品とやってくしかないなと。


少しは復活するのだろうか?
もっと悪くなるのだろうか?
容体が急変したら?
まだやれてないこと行けてないこといっぱい
マックスのくせを動画に撮ろうとしてたのに
なんでその時やらなかったんだろう
なんで後回しにしたんだろう
もう見れないかもしれないのか?
涼しくなったら訓練所にも、雪の山にも
来年は海にも、なんて思っていたのに


こんなに時間がなかったんだと
急に起こった現実が、落ち着いて先を考えられるようなって
ここでやっと降ってきて、重い重い物がのしかかってきて
不安ばっかりで、後悔ばっかりで


そんな時に友人から電話が。


『どうせ1人で泣いてんでしょう~そう思って電話した』と。


もう思わず電話口で号泣(笑)
なんてタイミングで掛けてくるんだ~
ボロボロしちゃったわ。


事の発端からLINEでずっと話を聞いてくれてた友人にも
昨日からたくさんの励ましをくれた、たくさんの友人にも
本当に気持ちが救われました。


振り返って凹んでる場合じゃないわ、頑張るぞ。





:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。